濱田祐太郎さんが出演されていた水曜日のダウンタウンが秀逸でした。

先日、水曜日のダウンタウンに出演している盲目の漫談家、濱田祐太郎さんをテレビで観ました。『「箱の中身は何だろな?」得意な芸人№1濱田祐太郎説』の検証をしていたのです。濱田さんがタケノコ、電動髭剃りを30秒足らずで当てたのにはびっくりしました。やはり手の感覚で普段から色々な物が何であるかを見分けているので、当然と言えば当然かもしれません。

しかし、やはり見たことがなく、触ったこともないイグアナにはだいぶ苦戦されていました。知識だけで当てるのは確かに難しい事だと思います。何よりも「いいなぁ!」と感じたのが、番組の中で自然なバリアフリーの中、笑いがおきていた事です。24時間テレビよりずっと良かったです。それは濱田さんのお笑い反射神経が高く、周りの芸人さんの何気ない助けによるものだったと思います。お笑い番組に大きな一石を投じたような気がしました。

 この放送に刺激を受けて、我が家でも「箱の中身は何だろな?」をやってみました。段ボール箱の横を開けて、上から見えないように色々な物を入れて当ててみました。これが意外と盛り上がり、楽しかったです。しいたけ、きゅうす、耳かき、人形と、子供達とキャーキャー言いながら当てあいっこをしました。親戚が集まった時など、盛り上がりそうなのでまたやってみたいです。