おさかなブクブク

私は屋台の出店で500円の大きめの金魚を2匹買いました。魚類は飼うことが容易いので、メダカも錦鯉も経験済みです。体全体が10㎝もあるので買った日から水槽の上でパクパクとして(エサは食べる)下に降りて来ません。

そうです。酸素が少ないからと分かりましたが水槽は外にあります。従来の電気式はコンセントが近くになければならないし、そのために重い水槽を移動するのは重労働ですよ。そこでネットで調べてみると良い物を見つけました。

それは、「おさかなブクブクブロック」

といいます。白くて小さな錠剤が8粒入っていて(お菓子と間違えそうな形をしてる)可愛いミネラル入りのブクブクですよ。1粒入れておけば1月持つそうです。100均でもあるが急ぐので一番近い店へ急ぎました。高かったけど金魚の命がかかっているから仕方ないです。そのブクブクは砂利に紛れて目立ちません。

音も出ないから静かです。泳ぎの邪魔にもならずメダカの飼育も向いているようです。電気代が浮いたかどうかはまだわかりません。でも、それを入れて3日間元気に動いているようなのでこれで良かったと思っています。

次からは100均で買った方が良いか迷っています。品質が落ちるようでは困ります。今から4ヶ月持つようなので大事に育てて行きます

濱田祐太郎さんが出演されていた水曜日のダウンタウンが秀逸でした。

先日、水曜日のダウンタウンに出演している盲目の漫談家、濱田祐太郎さんをテレビで観ました。『「箱の中身は何だろな?」得意な芸人№1濱田祐太郎説』の検証をしていたのです。濱田さんがタケノコ、電動髭剃りを30秒足らずで当てたのにはびっくりしました。やはり手の感覚で普段から色々な物が何であるかを見分けているので、当然と言えば当然かもしれません。

しかし、やはり見たことがなく、触ったこともないイグアナにはだいぶ苦戦されていました。知識だけで当てるのは確かに難しい事だと思います。何よりも「いいなぁ!」と感じたのが、番組の中で自然なバリアフリーの中、笑いがおきていた事です。24時間テレビよりずっと良かったです。それは濱田さんのお笑い反射神経が高く、周りの芸人さんの何気ない助けによるものだったと思います。お笑い番組に大きな一石を投じたような気がしました。

 この放送に刺激を受けて、我が家でも「箱の中身は何だろな?」をやってみました。段ボール箱の横を開けて、上から見えないように色々な物を入れて当ててみました。これが意外と盛り上がり、楽しかったです。しいたけ、きゅうす、耳かき、人形と、子供達とキャーキャー言いながら当てあいっこをしました。親戚が集まった時など、盛り上がりそうなのでまたやってみたいです。

ARについてわかりやすいもの

ARとは、現実の世界に本当にはない、存在していないものを当てはめてまるで現実に存在しているかのようにする技術です。

VRとの違いは現実の世界にいながら存在しないはずのものを見せたりしている点ではないでしょうか。有名なゲームポケモンGOなどもARの技術の一つだといいます。

現実には何もないところでもカメラにはポケモンが写る、といったことがAR、もとい拡張現実の特徴だと思います。

一方VR、ヴァーチャル・リアリティはカメラを装着することでコンピュータの作り出した現実とはまったく異なる世界を体験することです。

ヴァーチャル・リアリティを応用したゲームは、有名ホラーゲームシリーズバイオハザードのナンバリング7作目「バイオハザード7」などで活用されています。

ヴァーチャル・リアリティを取り入れたことによって従来のような恐怖とはまた違った雰囲気のものになっております。

VR技術のおかげでまるで自分がお化け屋敷に来たかのような体験をすることができるようになっています。

バイオハザード4あたりから多彩な武器を使っていかに敵を倒して生き残るかに重点を置かれていたゲームでこうした主軸の転換は開発側としてもかなり思い切った判断だったのではないかと思います。

喉の痛さを何で治すか?

みなさん、こんにちわ。

いかがお過ごしですか?

先日、風邪をひいてしまいましてそのまま具合が悪いまま治りません。

寝込むほどではありませんが、喉が乾いて少し痛みます。

葛根湯やミントティーでしのいでいますが、これがなかなか良いかもしれません。

薬を飲んでいませんが、痛みが少し和らいだ気がします。

お気に入りのミントティーのミントは私が家庭菜園で無農薬で育てたもの。

もちろん、有機肥料を使っているので栄養面も良いはずです。

これが体や喉に良いのだから毎日飲んでいます。

春になって元気に伸びてきたので、この夏もどんどん飲めます。

葛根湯も必ずストックしていますので重宝しています。

葛根湯と、ミントの呑み合わせは悪くないはず。

私が飲んでいても具合が悪くならないので(笑)

そんな訳で本日は、大根のお味噌汁を飲もうと思っています。

大根の成分も喉に良いらしいので意識して飲んでみようと思います。

ミントだけでなく、ハーブの味は、ドラッグストアで飴がありますよね。

独特な味がしますが、私はけっこう好きです。

喉を潤すために、買って帰ろう。

これから数日は風邪を治す事を目指して体のケアをしたいと思います。

お風呂もお塩と日本酒を入れてみようかな。

ではまたね。

ジョギングとリズミックボクシング

週に6日は、仕事から戻ると走りやすいウェアに着替えて、1時間程ジョギングをしてます。

今月でジョギングを始めて1年と2ヶ月が経ちました。そして、リズミックボクシングは、ここ半年から始めました。

2ヶ月前までフィットネスクラブに通いリズミックボクシングを習ってました。

今では、自宅でリズミックボクシングをやってます。

ジョギングをした日の次の日は、リズミックボクシングをやってます。

ジョギングと交互にやってます。

最初の効果は、ジョギングを始めて10日ぐらいで自分でもわかるようになりました。

まずは、顔や顎の周りがスッキリして来ました。1ヶ月すると、ほんの少しお腹周りに何となく

お腹が小さくなってるように思え、2ヶ月後には、脇腹がスッキリして、3ヶ月後にはお腹にエクボが出来ました。

ジョギングをやってる頃は腹筋は割れてませんでしたが、リズミックボクシングは始めて2ヶ月辺りから腹筋が徐々に割れて来ました。

ジョギングやリズミックボクシングを始めてから自分自身に自信がつきました。

仕事でも積極的になったように思えます。どんな時でも、前向きになれてます。

以前の体重は76キロありましたが、現在は62〜64キロになりました。

見た目がかなり変わりました。

お酒が好きなので2週間に一度は好きなだけ飲んでます。

旦那さんは野菜嫌いで

家の旦那さんは野菜嫌いで煮込んで柔らかくしないと食べないので超めんどくさいです。旦那さんと別々なものを食べようとも思いましたが一緒の物が食べたいなと思って煮込み料理やスープなどを作るようにしています。

野菜も根さい類とキャベツとニラしか食べれないのでその野菜をどう調理するかいつも考えるのも面倒です。何でも食べる事が出来たら色んなバリエーションの料理がつくれるのになと本当に残念です。旦那さんは何でも良いよと言ってくれるのですが何でもいいならサラダとか漬け物とか作ったりしたいんだけどと言いたかったです。

付き合っている時よりは他の野菜を食べれるようになったかなと思いました。旦那さんの偉い所は1度は何でも食べる所です。私は料理が好きなのですが旦那さんのせいで限られた料理しか出せないのが苦痛です。友達とかに話してみるとみんな面倒だし大変そうという意見が返ってきます。

何でも食べてくれたら嬉しいのにと残念な気持ちは結婚してからも変わらず思います。野菜ジュースだけは飲めるので食事の時に必ず出すようにしています。飲んでくれると私も野菜をそんなに食べていなくても体の心配からは解放されるのでそこだけは救われています。

水曜日ビットコイン日記

昨日はコインチェックにとある某証券会社が支援をするという内容を出してきました。

その証券会社も仮想通貨のことについてやってみたいという思惑なんだろうかなと思うのですが、それだけ仮想通貨の分野は新しい分野だということにもなります。

その情報が入ってきたことによってビットコインの価格も昨日はかなり上昇したなという感じがあります。

ただ一気に急上昇するということではなく時間をかけてジリジリと上昇していくような感じを受けるので、少しずつ積み立て形式でビットコインを買うのがベストです。

それに仮想通貨が出始めたのは2009年なので、ここは正念場といえそうですしビットコイン決済が普及していけば「決済としてのビットコイン」という側面で広まるのです。

日本人は未だに現金主義という人も多く、ビットコイン決済の受入も時間はかかりそうですが広まっていけばあっという間に便利さに気づく事になるのかなと思います。

もちろん決済だけではなく送金ツールとしてのビットコインも普及するべきところであり、割り勘等をするときもスマホで割り勘というのが当たり前になりつつある今だからこそ気軽に送金できるツールだと認識されればいいなと思います。

戦う母は強し

子育てというのは戦いの毎日だと

出産してからはじめてわかりました。

新生児の頃は寝返りすらできないので

その姿を見ては早く歩けばいいなぁなんて思っていました。

時は過ぎて一年経った今

無事にトタトタ歩けるまでに成長しました。

大きな病気をすることもなく

すくすく育った娘は本当に可愛いです。

ですがそれとこれとは話が別で

まぁ動き回って止まらない、止まらない。

ジッとしてるということが一瞬でもなく

ただひたすら色んな所を歩き回る毎日。

ちょっと待ってくれと思う暇もなく

またすぐ歩き回る。

オムツ替えの時も、ご飯の最中も、

出かける直前までもう歩く、歩く。

それに対抗するように私自身も技を身に付けることに成功しました。

オムツ替えの時に寝転がってくれないなら

もういっそ、立ってる時を見計らって

替えちゃうようになったとか

ご飯の最中すぐ歩き出しちゃうなら

手づかみで食べられる物にしちゃうとか、

出かけるのに着替えさせられないなら

もうパジャマのままジャンパー着せて誤魔化しちゃうとか。

手抜きだと思われたって、

他人になんと思われたって

もはや気にならなくなりました。

はじめの頃は人の目が気になって気になって

仕方なかったのですが

これは娘と私の戦いなので

他人に口を挟まれるような話じゃない!と

開き直ってからは幾分か心が軽くなりました。

これからもまだまだ私たちの戦いは続くでしょうが

娘の成長という攻撃を受け止められる

広い心のような盾を作りたいと思います。