良い意味で、あえて混ぜてみることにした

「ねこまんま」って、ご飯とお味噌汁等をいっしょくたんに混ぜるご飯ですが、子供がしょっちゅうそれを食べたがるので、何となく「混ぜる」ということにピンときた私。

いろんなモノが値上がりしている厳しいこの現状、この頃、私自身もリキュール類を、なるだけ効率よく消費しよう!作戦に出てまして、赤ワインを少なめにグラスに。

その上からお得な価格で買ったサイダーを八分目くらいまでカサ増しし、大きな氷をドボン。ほとんどサイダーにして飲んでます。

シチューや、カレーライス、おでんなども、そういえば残った食材を無駄なく使いきれるメニューですよね。私は、なるべく脂っこいメニューにはしたくないので、「お味噌汁」に、毎日頭をひねりながら、残り物の野菜や安い食材で工夫しています。

ファミリーレストランの定番メニューにありがちな、「ハンバーグ」や「スパゲッティー」は不思議と家族のリクエストメニューにはあがらず、なぜだか和定食寄りになってしまいます。魚は、その時の旬魚や、安価で売られているものになってしまいます。

自分なりの知識と、世の節約上手なお母さん達の工夫を混ぜくりながら、一日を丁寧に過ごしていけたらな、とつくづく考えさせられる私なのでした。

花粉症で辛いと思うことは何か?

花粉症を発症して20年近く経過しました。

そんなに重症というわけではないのですが、くしゃみと鼻水の対処にはとても困っています。

病院に通い、処方箋を出してもらって薬を飲んでいますが、それでも緩和される程度で症状が完全に消えるわけではありません。

朝起きた時に今日はちょっと大変かな、というのは分かります。

風が強かったり、天気がよい日は症状もかなり出ます。

マスクも欠かすことはできませんが、仕事中にマスクをしているわけにはいきません。

気温が低いということもあるので、窓を開けることはしませんが、空気の読めない人がいて空気の入れ替えだと言って窓を開けてしまうことがあります。

ほんの数分でしかも1か所だけ開けるという意味のないことをしているので、本当に空気が読めないんだな、と思ってしまいます。

窓を開けられてしまった日はその日1日、目がかゆかったり、鼻がむずむずしてしまいます。

そういうことは止めて欲しいのですが、自分のことしか考えていない人なので、他人に迷惑が及んでも自分の考えを曲げることはしないので本当に困ります。

なので、とにかく自分にできる花粉症対策をするしかないのかなと思っています。

出来る限りの対策は行うようにしています。

始めるか悩む仮想通貨

先日、のんびりとお昼ご飯を一人で家で食べているときにニュース番組を観ていました。そこで、仮想通貨であるビットコインについて取り上げていました。
ビットコインや仮想通貨というのは聞いたことはあるけれど、私にとっては仮想通貨って言葉の響きが、実態が無さそうでまず怪しくて、調べる事もしたことがなかったのです。

でも、ビットコインを使ってる人がすごくお金持ちになったり便利だと言ってるのを見て、ほんの少し興味を持ってしまいました。
もちろん、損したりもするらしいのであまりのめり込むつもりはないのですが、段々と普及してくる可能性もあるし知識として得たいなあという気持ちになったのです。
私は単なる専業主婦だから、元々そんなに損するほどお金を出せないですからね。

私は決してリスク冒して借金してまで投資するようなタイプではないんです。でも、試しに仮想通貨をどこかで購入してみようかなと思ってしまいました。
どんなものであるのか、将来的に世界に通用するものとして普及するのか気になりますからね。だけど、こんなのがすぐ当たり前になったら逆に怖いなあと思います。
年配の方なんかは訳分からないだろうし、使いこなせる人は少ないでしょう。

30代の私がおばあちゃんになるまでは、さすがに仮想通貨時代は来ないかなと思っています。