インチキケーキ、上手い具合に仕上がる

先日インチキケーキを作った。何がインチキかって、レシピが完全オリジナルだからだ。自分で考えた配合の粉類と材料を合わせ、これまたインチキに焼いた。時間は当てずっぽう、仕上がり具合を見ながら、都度都度時間を足しながら焼いていった。

ちなみに使ったものは、薄力粉、砂糖、バター、ホットケーキミックス、ヨーグルト、砕いたチョコレート、少量のサラダオイル。

作り方もまたまたインチキで、全ての材料を1つのボウルに入れ、ザクザクかき混ぜて、型に入れて焼く。型もインチキに決まってる。丸い陶器にクッキングペーパーを敷いて、先に混ぜた材料を入れるだけ。難点は、陶器の入れ物の温まり方が遅いため、少し焼く時間がかかるということ。

こうして期待もあまりなく焼いたケーキはインチキではなかった!インチキづくしが上手い具合に仕上がったのは、どういうインチキカラクリか分からないけどー。