「あかひげ薬局」はどうやって利益を出し、会社経営を行っているのか?

新宿や福岡にある精力剤販売で有名な「あかひげ薬局」。

あまり、需要が無さそうに思えるのですが、どうやって利益を挙げて会社として成り立っているのかがとても気になります。

自分は福岡にある「あかひげ薬局」の店舗がある箇所を良く通るのでわかるのですが、正直、お店に入るのには勇気が要ります。

通常の店内入口は精力剤特有の宣伝がされている為、入りにくい雰囲気となっております。

(一応、お店もそういうのを把握しているらしく、裏口も用意されておりますが、正直、裏口から入るのも勇気が要ります)

また、精力剤を購入したことはありませんが、需要もそんなに多くありませんし、イメージとしては「精力が落ちたお金持ちが買うもの」と高価というイメージがあります。

店頭販売もそんなに期待は出来ず、また精力剤自体が高価であれば、そんなに売り上げは無さそうな気がするのですが、

少なくとも、私が「あかひげ薬局」をしったのは15年以上前。

つまり、15年間ずっと会社経営が出来るような利益を挙げていたということになります。

そう思うと、「あかひげ薬局」は本当にどこから利益を出しているのか知りたくなりました。

どなたかご存知の方はおりますでしょうか?