ジョギングとリズミックボクシング

週に6日は、仕事から戻ると走りやすいウェアに着替えて、1時間程ジョギングをしてます。

今月でジョギングを始めて1年と2ヶ月が経ちました。そして、リズミックボクシングは、ここ半年から始めました。

2ヶ月前までフィットネスクラブに通いリズミックボクシングを習ってました。

今では、自宅でリズミックボクシングをやってます。

ジョギングをした日の次の日は、リズミックボクシングをやってます。

ジョギングと交互にやってます。

最初の効果は、ジョギングを始めて10日ぐらいで自分でもわかるようになりました。

まずは、顔や顎の周りがスッキリして来ました。1ヶ月すると、ほんの少しお腹周りに何となく

お腹が小さくなってるように思え、2ヶ月後には、脇腹がスッキリして、3ヶ月後にはお腹にエクボが出来ました。

ジョギングをやってる頃は腹筋は割れてませんでしたが、リズミックボクシングは始めて2ヶ月辺りから腹筋が徐々に割れて来ました。

ジョギングやリズミックボクシングを始めてから自分自身に自信がつきました。

仕事でも積極的になったように思えます。どんな時でも、前向きになれてます。

以前の体重は76キロありましたが、現在は62〜64キロになりました。

見た目がかなり変わりました。

お酒が好きなので2週間に一度は好きなだけ飲んでます。

旦那さんは野菜嫌いで

家の旦那さんは野菜嫌いで煮込んで柔らかくしないと食べないので超めんどくさいです。旦那さんと別々なものを食べようとも思いましたが一緒の物が食べたいなと思って煮込み料理やスープなどを作るようにしています。

野菜も根さい類とキャベツとニラしか食べれないのでその野菜をどう調理するかいつも考えるのも面倒です。何でも食べる事が出来たら色んなバリエーションの料理がつくれるのになと本当に残念です。旦那さんは何でも良いよと言ってくれるのですが何でもいいならサラダとか漬け物とか作ったりしたいんだけどと言いたかったです。

付き合っている時よりは他の野菜を食べれるようになったかなと思いました。旦那さんの偉い所は1度は何でも食べる所です。私は料理が好きなのですが旦那さんのせいで限られた料理しか出せないのが苦痛です。友達とかに話してみるとみんな面倒だし大変そうという意見が返ってきます。

何でも食べてくれたら嬉しいのにと残念な気持ちは結婚してからも変わらず思います。野菜ジュースだけは飲めるので食事の時に必ず出すようにしています。飲んでくれると私も野菜をそんなに食べていなくても体の心配からは解放されるのでそこだけは救われています。

水曜日ビットコイン日記

昨日はコインチェックにとある某証券会社が支援をするという内容を出してきました。

その証券会社も仮想通貨のことについてやってみたいという思惑なんだろうかなと思うのですが、それだけ仮想通貨の分野は新しい分野だということにもなります。

その情報が入ってきたことによってビットコインの価格も昨日はかなり上昇したなという感じがあります。

ただ一気に急上昇するということではなく時間をかけてジリジリと上昇していくような感じを受けるので、少しずつ積み立て形式でビットコインを買うのがベストです。

それに仮想通貨が出始めたのは2009年なので、ここは正念場といえそうですしビットコイン決済が普及していけば「決済としてのビットコイン」という側面で広まるのです。

日本人は未だに現金主義という人も多く、ビットコイン決済の受入も時間はかかりそうですが広まっていけばあっという間に便利さに気づく事になるのかなと思います。

もちろん決済だけではなく送金ツールとしてのビットコインも普及するべきところであり、割り勘等をするときもスマホで割り勘というのが当たり前になりつつある今だからこそ気軽に送金できるツールだと認識されればいいなと思います。

戦う母は強し

子育てというのは戦いの毎日だと

出産してからはじめてわかりました。

新生児の頃は寝返りすらできないので

その姿を見ては早く歩けばいいなぁなんて思っていました。

時は過ぎて一年経った今

無事にトタトタ歩けるまでに成長しました。

大きな病気をすることもなく

すくすく育った娘は本当に可愛いです。

ですがそれとこれとは話が別で

まぁ動き回って止まらない、止まらない。

ジッとしてるということが一瞬でもなく

ただひたすら色んな所を歩き回る毎日。

ちょっと待ってくれと思う暇もなく

またすぐ歩き回る。

オムツ替えの時も、ご飯の最中も、

出かける直前までもう歩く、歩く。

それに対抗するように私自身も技を身に付けることに成功しました。

オムツ替えの時に寝転がってくれないなら

もういっそ、立ってる時を見計らって

替えちゃうようになったとか

ご飯の最中すぐ歩き出しちゃうなら

手づかみで食べられる物にしちゃうとか、

出かけるのに着替えさせられないなら

もうパジャマのままジャンパー着せて誤魔化しちゃうとか。

手抜きだと思われたって、

他人になんと思われたって

もはや気にならなくなりました。

はじめの頃は人の目が気になって気になって

仕方なかったのですが

これは娘と私の戦いなので

他人に口を挟まれるような話じゃない!と

開き直ってからは幾分か心が軽くなりました。

これからもまだまだ私たちの戦いは続くでしょうが

娘の成長という攻撃を受け止められる

広い心のような盾を作りたいと思います。

悩み事

最近、悩み事があります。

詳しく言うのには骨が折れるほど長くなる話なのですが、結論をまとめると「やってしまったことの原因はすべて私だが、やらざるを得なかった原因は私だけではないのに、なぜこうも責められるのか、わたしだけが悪いということになるのか」ということです。

そうならないためにいくらでも対応策があったのではないかと言われればそうなのですが、目の前のことしか考えられず、うまく立ち回ることができなかった経験なんて誰でもあるのではないかと思うんです。自分を正当化している、自分勝手な人間なのは自覚しているのですが、どうにも人付き合いは苦手です。

こんなに悩んでいるのに、久々に連休がありました。仕事をしている間は嫌なことを考えずに済むのに、丸三日間もお休みです。ぐるぐるぐるぐる、考えても考えても結論の出ないことを考えて、仕事の日より疲れてしまいました。

家の中にいると余計にネガティブになってしまうので、お散歩しながら考え事をしていたのですが、暖かくなってきたのを感じ、少しだけいい気分になれたのでヨシとすることにします。いいことも、悪いことも単純なので、またいい方向に転がっていけたらなと思います。

また今週もお仕事がんばります。たんまりお金を稼ごう…!

マイ・パソコン奮闘記

私が今使っているPCは4代目です。1台目はただ遊びに使おうと買いました。メールの使い方をパソコン教室で勉強していました。その時もパソコンが動かない時は担当の先生に電話するだけです。デスクトップだったので家に来てもらうしかありませんでした。ウイルスというバイ菌がパソコンにも感染することをおぼろげに知ったのです。

2台目からはノートパソコン、趣味や仕事に使い始めました。キーを押しているうちに「M」や「T」のキーが外れて押せなくなって、一つ直すごとに5000円かかります。その上にメーカーに送るので返ってくるまで2週間ぐらい戻りません。その対策としてキーボード一面にシリコンのカバーを貼り付けました。これならキー予防だけでなく飲み物や埃の対策に一石3鳥ですね。このキーボードカバー通常は750円しますが、百均の大きい店にありますから助かります。

3台目と4台目は今手元にあって交代で使っていて、3台目のお気に入りのアプリが最新では使えないのです。高価ですから中々手が出ないし、前の仕事場でDL、インストールしたアプリはそれに入れたパソコンしか動かない、壊れないようそろりそろりと使用中。

先日の話しです。最新のパソコンを使っていると知らぬ間に音が出なくなりました。自分で心当たりはすべて試してみました。それでも出ない、出ている気配はあるのです。深い知識がある知人に診断してもらうと?ナント音が出るマイクの所が買ったままのビニールシートを付けていたのでした。汚れ防止につけていたこと忘れていました!ああ、恥ずかしい!

新築建築にあたり工務店の適当さに驚く日々

夢のマイホームが遂に建てられると有頂天になっているのも束の間で、毎日工務店やハウスメーカー決めに困惑する日々を過ごしています。特に頭を抱えるのが、工務店の営業さんの適当さと態度の悪さです。

もともと大工の人であればともかく、営業一筋の工務店の営業さん。調子のいい言葉を並べて置いて、後々態度が急激に悪くなるのです。安さから工務店に新築を建ててもらおうと気持ちが傾いていましたが、打ち合わせ毎に営業さんのご機嫌とりをしている私達夫婦の方がよっぽど営業マンらしいなということに気づいたのはすぐでした。

大工でもない、営業もできない、思いやりもない、では一体何ができるのかと疑問に思いながらも、潔くそこの工務店とはおさらばできました。都心の工務店だからこそ、安さで大名商売なのかもしれませんが、マイホームをあんな人や会社に任せる人って一体いるのかと疑問に思いました。

少々高くてもハウスメーカーには、安心感や接客のクオリティが伴います。よくネットでは、工務店か、ハウスメーカーか、設計事務所かを比較するサイトなどがありますが、結局は人なんだと思います。施工主とは一生付き合っていくことになるので、信頼感を置いたところに頼むのが一番ですね。

疲労を回復させる為に色々と試している

毎日毎日労働に明け暮れる日々を過ごす今日この頃ですが、どうにも若さというものが足りなくなったのか、疲れが取れにくくなりました。簡単に寝て起きればスッキリ快調というようなリセット感が無くなり、昨日の疲れを引きずっているような嫌な気分です。疲れが溜まると仕事に集中出来ないし、動きも悪いしと良いこと無しなので何か対策は無いかとあれこれ試しています。

疲れには休息が大事だと思いますので、まずは風呂です。炭酸ガスの入った入浴剤を使うと体の温まり方が違うとの事ですので、きき湯を選択しました。ただ、きき湯はそれなりに値段が高いのでとりあえず炭酸ガスの入った錠剤のものも買いました。ゆっくり風呂に入って体を芯から温めて疲れや肩こりを流すのが良いとは聞きますが、疲れている場合だと風呂に入ったままウトウトとしてしまうか、なんだか落ち着かない感じになって直ぐ出てしまうかのどちらかになってしまいます。確かにサッパリスッキリはしますが、何か別のものが潜んでいる感じがします。

次に体の痛むところに湿布を貼りました。全身にコリや痛みが出ていると疲れが溜まりやすそうなので痛みによる不快な気分を軽減させる為に湿布を貼ってみたのですが、爽快感は多少あるものの、風呂に入って温めた方が効く感じはしました。後は睡眠ですが、それでスッキリ出来ていたら困ってない訳ですから、これも違うのでしょう。

じゃあ、何が良いのかと考えている内に眠くなってしまいました。

恐らくですが、ぼーっとするゆとりが足りないのではないでしょうか。

その辺はまた試してみる事にします。